葬儀後市役所への給付金申請

葬儀後市役所への給付金申請 葬儀を行った後にすることというと、多くの人が生命保険の申請をイメージするようです。確かに生命保険の申請は忘れずにやらなくてはならないことであるのは間違いありませんが、実は市役所に葬儀後に給付金の申請をすることができる仕組みになっているのです。給付金の受給は権利ですので、忘れずに必ず申請するようにすることが肝要です。ほとんどの方が種類は異なるにしても様々な健康保険に加入しているかと思いますが、故人が加入をしていた健康保険の事務を担当している部署に問い合わせをすると埋葬費を受給することができますので、葬儀後に問い合わせてみるとよいでしょう。

故人が国民健康保険に加入していた場合には、自治体によってもその金額が異なって来ますが、5万円から10万円が支給されることになります。どのように申請すればいいのか不明の場合にはまずは市役所に問い合わせをしてみることをおすすめします。故人が亡くなってから2年間は原則として申請可能になっています。同時に国民健康保険の脱退の手続きも必要になってきます。手続きには色々な書類などが必要になりますので、あらかじめ市役所に確認してから市役所に赴くようにするとスムーズで無駄がありません。

故人が社会保険に加入していた場合には、社会保険から埋葬費が支給されます。金額の目安は10万円から98万円となっています。こちらの申請も故人が亡くなってから2年間の間となっていますので、忘れずに申請をすることが必要です。社会保険の場合の問い合わせ先は故人の勤め先になりますので、問い合わせてみるとよいでしょう。同様に申請には色々な書類が必要になってきますので、あらかじめ確認してから勤め先に出向くようにします。また、社会保険加入者の扶養家族が亡くなった場合には家族埋葬料が一律10万円支給されますので、そちらについても忘れずに申請をしましょう。

また、故人が失業保険を受給中の場合には6か月以内にハローワークに申請をすると残りの失業保険を得ることができますので忘れずに行います。ハローワークに申請するために必要になってくる書類も、あらかじめ確認をしておくとスムーズに手続きを進めていくことができます。葬儀が無事に終わるとひとまず一段落ということにはなります。その後に各種手続きをすると様々な給付を受けることが可能になりますが、いずれも自動的に支給されるものではありませんので、期限内に忘れずに行うことが大切です。

最新ニュース